リナリア

こぼれ種でたくさんのリナリアが咲き出しました。
この場所には昨秋、虞美人草を蒔いたはずなのですが、
リナリアの勢いに圧倒され、その姿は一体どこへ?
目を懲らしてよく見ると、リナリアの針金のような茎の間に
虞美人草の葉が茂っているのがわかります。
来月あたり、リナリアの隙間から薄紙のような虞美人草の花を
見ることができると思います。

a0043445_21555954.jpg


この春も2月の終わりに鶯が、3月には山から雉鳩の声が、
裏庭からは、カエルの歌声が聞こえる季節になりました。
足下を見ると、つくしの子が顔を出し・・・
寒い寒いと眠っていた庭も、
あちこちで春が始まりました。



[PR]
# by totochoco | 2017-03-22 22:46 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)

ふきのとう


今朝、庭に出たらふきの群落の中
ふきのとうが顔を出していました。
ふと足下を見るとあちらにもこちらにも
いつのまにか、小さな蕾が一斉に。
ふきはやたらに増えるので、夏の間は邪魔にして
だいぶ抜いてしまったのですが、
勝手なもので、こうして春を伝えてくれると
嬉しいものです。
a0043445_16082285.jpg
連日の寒さで庭は放りっぱなしにしていましたが、
梅はぽつりぽつりと花開き、
ろうばいは黄色い蕾が膨らんできました。
気の早いアネモネが紫色の花弁を広げ、
またもう一つの季節がやってこようとしています。

北風の中、雑草取りとバラに肥料を施しました。
次の休日には網をかけよう思っていたら
時すでに遅し、ブロッコリーはほとんどの葉を
鳥に食べられてしまいました。



[PR]
# by totochoco | 2017-01-22 21:31 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(4)

2017年

2017年、いよいよ新しい年が始まりました。
ブログを更新しようと思いながらも、日々の流れの方が
早く過ぎてしまう昨年でした。
思うように腰を据えてパソコンに向かうことができませんが、
ここを訪れてくださった皆様、ありがとうございます。
皆様の感想やご意見を聞いて、私もまた頑張ろうという気持ちになれます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
a0043445_15182552.png
昨年はパソコンをVistaからWindows10に変えました。
それまで使えていたワコムのお絵描きソフトが使えずに、今回は
ペイントを利用して年賀状のイラストを描きました。
パソコンを変えるのは勇気がいります。
年々億劫になってきてます。

Vistaの住所録を外付けハードディスクに保存したと思い安心していたら、
アイコンだけが保存されていて、肝心の住所は全て保存していませんでした。
昨年の教訓を生かし
今年は慎重に、日々生活してゆこうと思います。

a0043445_15181753.png


[PR]
# by totochoco | 2017-01-02 16:15 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

おさかなの刺しゅう


今年(H28年)の2月に刺した
おさかなの刺しゅうです。
小鳥や魚の模様を、あれこれ考えながら刺すのは
おもしろい作業です。
a0043445_21274777.jpg
生地は麻の端切れをミシンでつなぎ合わせました。
刺繍糸は、COSMO・Anchor・水色はAFE麻糸を
使用しています。


[PR]
# by totochoco | 2016-11-19 23:22 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

サンマの甘露煮

サンマの甘露煮はこの秋3回作りました。
頭と内臓を取り除いたサンマを5等分に切ります。
圧力鍋で15~20分煮て、圧が抜けてから更に煮詰めて出来上がりです。
調味料は酒・砂糖・みりん・醤油・酢・水・ショウガ。
煮汁が沸騰してからサンマを入れ、蓋をしめて圧がかかったら
15分~20分煮ます。

a0043445_22151517.jpg


↑は梅干しを入れて作りました。
庭のしょうがをたっぷりと千切りにして作りました。
梅干しを入れるときは、醤油を少し控えめにして良いと思います。
分量は毎度の事ながら目分量です。
なので、毎回微妙に味が違います。


a0043445_22154094.jpg

↑こちらは今日作り、酢を入れました。
ショウガは粉にした香り高いマイ・ショウガです。
圧力鍋の甘露煮は、調理時間も短く、骨まで柔らかく、食材を無駄なく
使えるところが気に入っています。
熱々ご飯にとても美味しいおかずになります。

[PR]
# by totochoco | 2016-11-10 22:42 | 今日の献立 | Trackback | Comments(6)