<< ブリューゲル「バベルの塔」展 くるみ割り人形 >>

らっきょう漬け


らっきょうを洗い、塩を全体に振りかけてから
水洗いし、滅菌したガラス瓶にトウガラシと共に、
入れます。上かららっきょう酢を注いでそのまま2週間くらい
漬け込むと、美味しいらっきょう漬けの出来上がりです。
 
a0043445_21455361.jpg
らっきょうは、中国原産で平安時代に薬用として日本に伝わり、
江戸時代に野菜として栽培されるようになったそうです。

タマネギやニンニクに含まれるアリシンが多く、
血液サラサラ効果やガン予防・免疫力を向上させてくれます。
アリシンはビタミンB1の吸収を助けるので、
豚肉入りカレーに添えると効果的ですね。
ビタミンB1には疲労回復の働きがあるので、是非一緒に食べましょう。
カリウムによる血圧降下の役目もあります。
食物繊維はごぼうの4倍!
パントテン酸で、悪玉コレステロールを減少させます。
フルクタンが血糖値の上昇を抑え、糖尿病予防にも効果あります。

畑の薬と言われるように、体に良いことばかりの夏野菜です。
できれば熱を加えず生で食べた方が栄養が損なわれないようですが、
アリシンが胃の粘膜を刺激するので、食べ過ぎにご用心。
大きさにもよりますが、1日に3粒くらいが良いようです。




[PR]
by totochoco | 2017-07-01 22:26 | 今日の献立 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://totochoco.exblog.jp/tb/237134929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブリューゲル「バベルの塔」展 くるみ割り人形 >>