<< 5月の庭 ふきのとう >>

リナリア

こぼれ種でたくさんのリナリアが咲き出しました。
この場所には昨秋、虞美人草を蒔いたはずなのですが、
リナリアの勢いに圧倒され、その姿は一体どこへ?
目を懲らしてよく見ると、リナリアの針金のような茎の間に
虞美人草の葉が茂っているのがわかります。
来月あたり、リナリアの隙間から薄紙のような虞美人草の花を
見ることができると思います。

a0043445_21555954.jpg


この春も2月の終わりに鶯が、3月には山から雉鳩の声が、
裏庭からは、カエルの歌声が聞こえる季節になりました。
足下を見ると、つくしの子が顔を出し・・・
寒い寒いと眠っていた庭も、
あちこちで春が始まりました。



[PR]
by totochoco | 2017-03-22 22:46 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://totochoco.exblog.jp/tb/23739577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あっつぁん at 2017-03-25 15:32 x
ととさぁん、こんにちは~
リナリアと言う名の花なのですかぁ
知りませんでした
とても繊細で、きれいなすみれ色♪
もうすっかり春ですね
ととさんは花粉症の心配はないですか?
わたしは今年は少し楽な気がしますよ
(*^-^*)
Commented by totochoco at 2017-03-25 22:54
あっつぁんさん、こんばんは。
この花は和名が姫キンギョソウと言います。
キンギョソウのような小さな花が、
こぼれ種で春になると一斉に咲き出します。
あっつぁんさん、花粉症が今年は少し楽で
良かったですね~。

<< 5月の庭 ふきのとう >>