カテゴリ:手芸( 56 )

おさかなの刺しゅう


今年(H28年)の2月に刺した
おさかなの刺しゅうです。
小鳥や魚の模様を、あれこれ考えながら刺すのは
おもしろい作業です。
a0043445_21274777.jpg
生地は麻の端切れをミシンでつなぎ合わせました。
刺繍糸は、COSMO・Anchor・水色はAFE麻糸を
使用しています。


[PR]
by totochoco | 2016-11-19 23:22 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

小さい秋はどこに?


秋の刺繍です。
麻生地の上に道路を走らせ、黄色い銀杏の木を、
AFE変わり糸のループヤーンで作りました。
スパンコールとビーズできらきらを降らせました。
ビーズを通す針は折れそうなくらいとても細いので、
慎重に丁寧に扱わないといけません。
a0043445_22034546.jpg
暑い夏から一気に寒くなってしまいました。
さわやかな秋晴れはどこに?
この秋は種まきのタイミングを逃してしまい、
蒔いた時期がだいぶ遅くなってしまいました。
来春きちんと収穫できるか心配ですが、
まずは小さな可愛い芽が土の上に出てきましたので、
ほっとしています。


[PR]
by totochoco | 2016-11-05 22:30 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

かわいい町

a0043445_22172563.jpg
かわいい町ができました。
友人からいただいた麻生地や、端切れ布を縫い合わせ、その上に刺繍しました。
緑色の畑は以前に染めたものや、ランチョンマットの端切れです。
ちくちく縫うのは、なんとも楽しい作業ですが、
針に糸を通すのが、だんだん辛くなってきました。

[PR]
by totochoco | 2016-09-29 22:33 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

AFE糸

1月に東京国際キルトフェスティバルに行ってきました。
気の遠くなるような時間と手間をかけた作品の数々を
目に焼き付けてきました。

キルトマーケットに出店している、AFE(アートファイバーエンドー)の
お店の壁に掛っていた麻生地に刺しゅうされた小花達。
一目見て私も作ってみたくなりました。
幸い、以前購入していた変わり糸が家にあったので、
参考にしながら、いくつかのお花は自己流で、作ってみました。

a0043445_2221482.jpg


荷作り用の紐も、縒りをほどけば、お花の茎に
活用できます。
AFEの変わり糸は、眺めているだけで、
想像力を膨らませていろいろな形に変身
してくれる、とても楽しい糸なのです。
[PR]
by totochoco | 2016-02-01 22:31 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

Fish! Fish!

青い魚の群れです。
アップリケの魚の中に綿を入れてふっくらとさせ、
青い麻生地の布に泳がせました。
魚の模様は刺繍とビーズで飾り付け。
泡はスパンコールを縫いつけました。
a0043445_2216343.jpg

うろこの模様をちくちく縫うのがとても楽しい
作業です。
[PR]
by totochoco | 2015-11-25 22:35 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

さんしょううお

山椒魚とクラゲとコトリと小魚。
アップリケの中に少しの綿を入れて、
ふっくらとさせています。

a0043445_22513699.jpg


麻生地の上に乗せてみました。
その上に刺繍しました。
[PR]
by totochoco | 2015-09-29 22:59 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

初夏

私の住んでいる小さな港町、
麻糸で織り、その上に刺繍をしました。
この季節、山からはウグイス・ホトトギス・カッコウの声が聴こえます。
外仕事をしている時は、小鳥たちの歌声と
海の波の音が心地よく耳に響きます。

a0043445_21425267.jpg

[PR]
by totochoco | 2015-05-26 21:50 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

黄色いことり

冬から作り始めて
だいぶ時間がかかってしまいましたが、
春にようやく完成しました。
a0043445_22201954.jpg

両端がつれてしまい、真っ直ぐにできませんでした。
麻糸や綿糸を織って、その上に刺繍や布を充てました。
[PR]
by totochoco | 2015-04-08 22:27 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

雪の日

以前、旅先で見た雪国の景色を思いだしながら織ってみました。
AFEの変わり糸を何種類か使いました。
この糸はふわふわ・くしゅくしゅ、織るごとに面白い表情を見せてくれます。
織りの上に木々を刺繍して、ビーズやスパンコールを縫いつけました。
a0043445_2254080.jpg


雪の白さに太陽の光が反射して、
きらきらととても綺麗な景色でした。

木々の種類もこちらとは全く違います。
海の近くのここの山では、潮風と夏の暑さに耐えられるような常緑樹、
房州椎の木が群生しています。

けれども、雪国の落葉樹達はそのはかない葉を落とし、
雪や北風を腕からすり抜けさせて、
春をじっと待っているような気がします。
[PR]
by totochoco | 2015-01-18 23:09 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

羊毛フェルト

ふわふわの羊毛を専用の針でちくちくしたら、
こんなに可愛いマスコットができるんですね!

先日ロフトで見たとても可愛い小鳥のカレンダー、
一体どうやって作るのかしら?と思ったら、
これが羊毛フェルトの作品だったのです。
もう何年も前から巷では、流行っていたらしいのですが、
遅ればせながらこの11月に知りました。

a0043445_20153094.jpg


学研の「はじめての羊毛マスコット」の本を見ながら作りました。
かなり時間がかかり、指を何度も針で刺しながら、やっと出来上がりました。
もう何年も前からやっていた学生時代からの友人が、
羊毛と針を送ってくれました。
10年以上前?に頂いたかわいいフェルトのポンポン、これが羊毛
だったのです。今頃気が付きました。
[PR]
by totochoco | 2014-12-07 20:20 | 手芸 | Trackback | Comments(4)