カテゴリ:放任園芸家( 172 )

ばらの季節

黄もっこうばらが終わりを告げると、
ピンク色のばらが次々に咲き出します。
H12年に植えたアンジェラ。
クレマチス。
いただいた小さな可愛い植木鉢。
a0043445_21190811.jpg



赤いキングが咲くと思っていたら、
接ぎ木の元の原種(?)のノバラが咲き出しました。
キングは枯れてしまったのかと思いきや、
脇の2枝に赤い蕾がありました。
どちらか一つにした方が良さそうです。
オルレアはすでにいくつか種になっています。

a0043445_21192468.jpg
手前に虞美人草
アンジェラ・ピエールドゥロンサール・一番奥に
スパニッシュビューティー
昨年、京成バラ園で買い求めた、ばらに最強の肥料
という、バイオゴールドを寒肥で施しました。
そのためか
この5月のばらは、元気いっぱい咲いているようです。

a0043445_21195077.jpg


ニゲラ・ノコギリソウ・ムシトリナデシコ
ニゲラはすでに種になり、花は盛りを過ぎた模様。
それぞれこぼれ種で咲いています。

a0043445_21185268.jpg



[PR]
by totochoco | 2017-05-25 21:44 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)

5月の庭


5月半ばの庭ではアヤメ科の植物が満開です。
三寸アヤメやジャーマンアイリスは
知人から頂いた一株が何年もの年月を経て
たくさんの花を見せてくれます。
a0043445_22561176.jpg

白いレースのような花はオルレア。
ヨーロッパ原産のセリ科の多年草ですが、
暑さに弱いので、ここでは株は消えてしまいます。
けれど、こぼれ種でこれだけ増えるのでかなり丈夫な
草花のようです。



a0043445_22553401.jpg


昨年の5月に京成バラ園で買い求めました。
苗が幼い時は、その人参の葉によく似た雑草と間違えて
いくつか引き抜いてしまいました。
それでも、これだけの花を見ることができるので、
来年はもっと増えているのかもしれません。



[PR]
by totochoco | 2017-05-17 23:42 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(0)

朝露

5月のある日の早朝、朝露で庭一面が
宝石のように光っていました。
雑草は雀の帷子がすでに種になっているところ。
黄色いマメツブウマゴヤシがあちらこちらで
テリトリーを広げ咲いています。
水のつぶがきらきらと輝いてとても綺麗でした。

a0043445_22220320.jpg

この季節、草の伸びが早く、
草取りをする前に、すでにたくさんの雑草が
種になってしまいます。

夏野菜の苗も今月中には植えたいと考えています。
ミニトマト
ナス
キュウリ
パプリカ
トウガラシ
カボチャ
空豆を抜いた後に、消石灰で土を中和し、
牛糞・腐葉土・油粕・コンポストの堆肥をすき込んで
苗をそれぞれ植えるつもりです。



[PR]
by totochoco | 2017-05-17 22:50 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(0)

5月の庭

バラが咲く前の5月の庭では、
小手毬の白い花が満開になりました。
小手毬はバラ科シモツケ属です。
夏の暑さにも、潮風にも耐えて、かなり
丈夫な落葉低木です。
シモツケも小手毬の隣で開花を待っています。
a0043445_21530578.jpg
小さな紫色の小花を咲かせているのは、
クリーピングタイムです。
足下一面を覆い尽くし、歩くたびに
タイムの爽やかな香りが辺りに広がります。
a0043445_21531929.jpg
北側のキッチンガーデンでは、シュンギクが花盛り。
シュンギクの隣にはセロリとイタリアンパセリが一株ずつ
植えてあり、お料理に大活躍しています。
カモミールは白い蕾が花開き、
パセリも緑が濃くなってきました。
パセリから蕾の茎が伸びてきそうなので、
花咲く前に葉を収穫しておきます。
サニーレタスは虫知らず、ちょっと苦いのですが、
サラダに重宝します。
紫色のブルーキャットミントが咲き出しました。

a0043445_21524795.jpg

我が家で一番先に咲くバラは、黄モッコウバラです。
以前ほど木に勢いがなくなってきましたが、
他の草木の間から柔らかい花色で
楽しませてくれます。

a0043445_21533245.jpg



[PR]
by totochoco | 2017-05-06 22:19 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(0)

リナリア

こぼれ種でたくさんのリナリアが咲き出しました。
この場所には昨秋、虞美人草を蒔いたはずなのですが、
リナリアの勢いに圧倒され、その姿は一体どこへ?
目を懲らしてよく見ると、リナリアの針金のような茎の間に
虞美人草の葉が茂っているのがわかります。
来月あたり、リナリアの隙間から薄紙のような虞美人草の花を
見ることができると思います。

a0043445_21555954.jpg


この春も2月の終わりに鶯が、3月には山から雉鳩の声が、
裏庭からは、カエルの歌声が聞こえる季節になりました。
足下を見ると、つくしの子が顔を出し・・・
寒い寒いと眠っていた庭も、
あちこちで春が始まりました。



[PR]
by totochoco | 2017-03-22 22:46 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)

ふきのとう


今朝、庭に出たらふきの群落の中
ふきのとうが顔を出していました。
ふと足下を見るとあちらにもこちらにも
いつのまにか、小さな蕾が一斉に。
ふきはやたらに増えるので、夏の間は邪魔にして
だいぶ抜いてしまったのですが、
勝手なもので、こうして春を伝えてくれると
嬉しいものです。
a0043445_16082285.jpg
連日の寒さで庭は放りっぱなしにしていましたが、
梅はぽつりぽつりと花開き、
ろうばいは黄色い蕾が膨らんできました。
気の早いアネモネが紫色の花弁を広げ、
またもう一つの季節がやってこようとしています。

北風の中、雑草取りとバラに肥料を施しました。
次の休日には網をかけよう思っていたら
時すでに遅し、ブロッコリーはほとんどの葉を
鳥に食べられてしまいました。



[PR]
by totochoco | 2017-01-22 21:31 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(4)

かぼちゃ・ごろごろ

a0043445_21242049.jpg
今年のかぼちゃです。
例年通り全てコンポストから育ち、ここまで大きくなりました。
私が育てた・・と言うよりも、月日が育ててくれました。
8月に撮った写真なのですが、ブログに載せるのが
9月も終わりになってしまいました。
季節が目の前を、あらら・・・と思うまもなく通り過ぎてしまいます。
 
食卓には、かぼちゃの煮物・かぼちゃの天ぷら・かぼちゃのオリーブオイル焼き・
かぼちゃの味噌汁・・・・・。
毎日かぼちゃを食べています。かぼちゃのコロッケや、かぼちゃのスープは作るのに
時間がかかるので、茹でて冷凍してから、冬に作ろうと思います。

今の季節、庭で虫たちが涼やかな音色を響かせています。
虫の声を聴くために、テレビは付けずにパソコンに向かい、
久しぶりのブログへの書き込みです。
育ちきれない小さなかぼちゃは庭の虫たちのため、
裏の畑の隅っこに転がしてあります。
そこにはダンゴムシがびっしりと、美味しそうに
かぼちゃを食べていました。。。
コオロギ・カマドウマ・松虫・くつわ虫たちも
食べているのでしょう、そして美しい音色を聴かせておくれ。


[PR]
by totochoco | 2016-09-29 22:09 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)

ホトトギス

ほととぎすの初音はすでに先週聴くことが出来、
この声とともに初夏へと移ろいゆく季節を感じます。
庭の草花達も、次々に花開き、あれよあれよという間に
種になってゆきます。

その脇では、アガパンサスが蕾を長く伸ばして、
6月に花開くのを待っています。

a0043445_229379.jpg


今年のバラは蕾がいくつも落ちてしまい、上手に咲かせる事が
出来ませんでした。肥料不足か、風雨が強かった後に潮を水で
流すことを怠ったからかもしれません。

叔母から貰った一株のバーベナボナリエンシスが
あちこちに増えて、紫色の可愛い小花を風に
そよがせています。

バラにおいては、「バイオゴールド」という最強の肥料を
京成バラ園から買い求めたので、来年に期待することにしましょう。
[PR]
by totochoco | 2016-05-31 22:22 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(6)

さくら

ちょうど、今が満開の我が家の桜です。
枯れ草などを木の周りにいつも捨てるので、
桜の木の根元は堆肥たっぷりで、
太みみずがたくさん暮らしています。
桜の幹もとても太く、大きく大きく育ちました。

a0043445_21585032.jpg


はるばる異国の地からやってきた
つばめは、くるくると屋根の上を旋回して、
何度も私に挨拶をしてくれます。
庭の桜が満開になる頃に、芝桜もピンクのカーペットを
広げます。
眠っていた庭のあちこちから、エネルギーを感じる季節に
なりました。

a0043445_2221338.jpg

[PR]
by totochoco | 2016-04-06 22:16 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(4)

リナリアとアネモネ

春がやってきて、リナリアやアネモネの花が咲きだしました。
こちらではすでにツバメの声も聞こえるようになりました。
鶯は2月末、3月にはキジバトの声、
田圃に水が張られる季節になると、ヵエルの歌声と共に、
ツバメの声も耳にこそばゆく聴こえます。

a0043445_22455647.jpg


東京ではお花見真っ盛りですが、
我が家の庭の桜はようやく今日の午後いくつかほころび始めました。
明日はもっと咲いてくれるでしょう、
これからの季節は朝が楽しみです。
[PR]
by totochoco | 2016-03-31 22:54 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)