カテゴリ:今日の献立( 85 )

らっきょう漬け


らっきょうを洗い、塩を全体に振りかけてから
水洗いし、滅菌したガラス瓶にトウガラシと共に、
入れます。上かららっきょう酢を注いでそのまま2週間くらい
漬け込むと、美味しいらっきょう漬けの出来上がりです。
 
a0043445_21455361.jpg
らっきょうは、中国原産で平安時代に薬用として日本に伝わり、
江戸時代に野菜として栽培されるようになったそうです。

タマネギやニンニクに含まれるアリシンが多く、
血液サラサラ効果やガン予防・免疫力を向上させてくれます。
アリシンはビタミンB1の吸収を助けるので、
豚肉入りカレーに添えると効果的ですね。
ビタミンB1には疲労回復の働きがあるので、是非一緒に食べましょう。
カリウムによる血圧降下の役目もあります。
食物繊維はごぼうの4倍!
パントテン酸で、悪玉コレステロールを減少させます。
フルクタンが血糖値の上昇を抑え、糖尿病予防にも効果あります。

畑の薬と言われるように、体に良いことばかりの夏野菜です。
できれば熱を加えず生で食べた方が栄養が損なわれないようですが、
アリシンが胃の粘膜を刺激するので、食べ過ぎにご用心。
大きさにもよりますが、1日に3粒くらいが良いようです。




[PR]
by totochoco | 2017-07-01 22:26 | 今日の献立 | Trackback | Comments(0)

パセリ


花が咲き出す前にパセリを摘み取りました。
花が咲き出すと、あれよあれよと言う間に、
この濃い緑色が色あせてしまいます。
毎年、時期を逃してしまうので、
今年こそはと、たっぷり摘み取り洗って干して、
乾いたら茎を切り取り、葉を荒みじん切りにします。
a0043445_21534536.jpg

ビニール袋に小分けに入れて、
冷凍保存しておきます。
今までは庭から摘んでお料理に役立てていましたが、
次のパセリが育つまで、
冷凍した葉を少しずつ使っていきましょう。
パセリは栄養価が高く、いろいろなお料理に
重宝します。


[PR]
by totochoco | 2017-05-06 22:43 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)

サンマの甘露煮

サンマの甘露煮はこの秋3回作りました。
頭と内臓を取り除いたサンマを5等分に切ります。
圧力鍋で15~20分煮て、圧が抜けてから更に煮詰めて出来上がりです。
調味料は酒・砂糖・みりん・醤油・酢・水・ショウガ。
煮汁が沸騰してからサンマを入れ、蓋をしめて圧がかかったら
15分~20分煮ます。

a0043445_22151517.jpg


↑は梅干しを入れて作りました。
庭のしょうがをたっぷりと千切りにして作りました。
梅干しを入れるときは、醤油を少し控えめにして良いと思います。
分量は毎度の事ながら目分量です。
なので、毎回微妙に味が違います。


a0043445_22154094.jpg

↑こちらは今日作り、酢を入れました。
ショウガは粉にした香り高いマイ・ショウガです。
圧力鍋の甘露煮は、調理時間も短く、骨まで柔らかく、食材を無駄なく
使えるところが気に入っています。
熱々ご飯にとても美味しいおかずになります。

[PR]
by totochoco | 2016-11-10 22:42 | 今日の献立 | Trackback | Comments(6)

食べるラー油

a0043445_22000864.jpg
姉から教わった食べるラー油を、日曜日に作りました。
油で揚げる時間が長いので、暑い時期には作る気になりません
でしたが、先週は涼しく、一度作れば冷蔵庫でしばらく持つので重宝です。

何度か作るうちに覚えたコツがあります。
タマネギ・レンコン・ごぼうは、それぞれ別々に揚げること。
野菜を入れた直後は高温→次に低温でじっくり→最後に高温でからっと揚げます。
焦げる前に掬い上げないと、すぐに焦げ茶色になってしまうので注意すること。

今回のショウガ100グラムとにんにく2片は、今年初めて
キッチンガーデンで育てたマイ・ショウガ&にんにくです。

ショウガがたくさん育ったので、なんとか保存しようと思っています。
ショウガは葉が枯れる頃には収穫しないと、低温障害で根がだめになるとのこと。
母から教わった、薄切りにして干してから粉末にする方法は手間がかかりそうですが、
その方がいろいろなお料理に使えそうです。

[PR]
by totochoco | 2016-10-18 22:30 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)

生パスタ

強力粉・卵・塩・水・オリーブオイルを混ぜてこねて、
休ませて、生パスタの生地を作りました。

a0043445_22415059.jpg


もちもちした食感を自宅で楽しめるのは嬉しい限りです。
イタリアンレストランで食べた懐かしい味がします。

a0043445_2240414.jpg


生地の分量は、H27年6月の産経新聞の記事を参考にしました。
クミンパウダーやターメリックや黒こしょうを練りこめば
香りとぴりっとした味わいを楽しめるようです。

a0043445_22402066.jpg


茹で時間はわずか3分程度なので、時間短縮になります。
この日は、あさりときのこのパスタにしました。
[PR]
by totochoco | 2015-09-19 23:10 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)

鯵の酢なめろう

鯵のたたきや、なめろう、さんが焼きなど、夏になると
食べたく(作りたく)なります。
これは、なめろうを酢で〆たもので、房総半島では、
昔から各家庭で作られている伝統の料理です。
とろりんとした食感と、きりりとした酢〆で、
この暑さを乗り越えられそうな一品です。

a0043445_223821100.jpg


三枚におろした鯵を細かくたたいて、しょうが・ネギ・味噌を練りこみ、
更にたたいて包丁の背で均一に混ぜ込みます。
器に盛り、包丁で切りこみを入れてから、酢をたっぷりと注ぎます。
庭の紫蘇を添えましたが、細かく切って、鯵に一緒に混ぜ込んでも
良いでしょう。
[PR]
by totochoco | 2015-08-03 22:48 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)

新玉グリル

新玉ねぎを収穫しました。
50本の苗を昨年の秋に植え付けましたが、12月になってもなかなか
まあるい玉にならないので、慌てて肥料を追加しました。
収穫時期は、葉が根元から倒れた時だと、お隣の方から
教えてもらいました。

a0043445_22582137.jpg


5月になって、40コくらい収穫できました。
あとの10コは一体どこへ消えたのかしら?
肥料の少ない玉ねぎは小さな小さな可愛いコができました。
小さいのをいくつか選らんで、新じゃがとベーコンと人参と一緒に
オリーブオイルを回しかけ、ガスオーブンで焼きました。
味付けは荒塩・黒こしょうだけ、5分前に庭のパセリもぱらぱらと、
甘く美味しい新玉グリルの出来上がりです。
旬の食材の味付けは簡単でOk、食材そのものの味を楽しめる・・・と思います。

今年の秋に植え付けたら、今度は植えた数だけ収穫したいと
今から意気込んでいます。

a0043445_22583987.jpg

[PR]
by totochoco | 2015-05-04 23:04 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)

おこわ

餅米を頂いたので、おこわを作りました。
おこわは、ガス釜で炊いたり、電気炊飯器で炊いたりと、
いろいろ試しましたが、時間があれば蒸し器で作ると
美味しく出来上がります。
出来たてほやほやを写真に収めました。

a0043445_2234963.jpg


餅米3合は洗って半日水に浸しておく。
餅米の中央を少しへこませて、最初20分蒸している間に具を作る。
具はだし汁150CC+みりん40CC+しょうゆ大4+酒大2+砂糖大1.5
+鶏肉+人参+ささがきごぼう+しめじを煮ておく。
20分したら、つゆを少し残して、具を餅米と混ぜ、再び10分蒸したら、
残りのつゆを混ぜて、更に10分蒸す。

蒸し時間はおよそ40分くらいなので時間がかかります・・が
とても美味しく出来上がりました。
[PR]
by totochoco | 2015-02-01 22:34 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)

鰯のみりん干し

2009年の冬に義母から教わった、鰯のみりん干しを再び作りました。
日記代わりのブログに書き留めてあったことをすっかり忘れていました。
外房の荒海で育った鰯です。

a0043445_22372437.jpg


この冬(2015年)は2回目のみりん干しになります。
余分な添加物もなく、旨みも凝縮されて、なんと賢く美味しい保存の仕方を
昔の人は考え付いたのでしょう。

私の住んでいる小さな港町では、こんな風にみりん干しや干物を
各家庭の軒先にぶら下げている風景に出合います。
かつては竹のスノコの上で干物を作っていました。
そして、それぞれの家庭で代々受け継がれた秘伝のたれがあるの
だと思います。

みりん・醤油・酒・砂糖(ざらめ)を煮て冷まし、開いた鰯を一晩漬け込みます。
(この冬に聞いた方のご家庭では、水をプラスします)
翌日の朝、天日干しにします。
半日干したら、もう一度たれを漬けてひっくり返し腹にゴマを降ります。
うるめ鰯で作ったら、皮が網にべったりくっついてしまいましたが、
うるめは皮が特に柔らかいのだそうです。

焼いてゴマがはじけたら出来上がり・・とお隣の方が教えてくれました。
ささっと焼いて熱いうちにいただくのは極上の美味しさです。
私は作った回数も少なく、まだまだ日が浅いので、これから
何年もかけて上手に作れるようになりたいと思います。
[PR]
by totochoco | 2015-01-26 23:33 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)

鰯料理

冬は鰯の季節、またこの時期に鰯を頂きました。
鰯の下処理は夜中までかかってしまう事多々あります。
延々と続くその作業、終わりがないかのようにも見えますが、
どんなメニューにしようかと、思い描きながら作るのは
楽しみでもあります。

a0043445_2253168.jpg


以前も書きましたが、鰯ほど料理の幅が広い魚はないでしょう。
つみれを作るのも、時間に余裕があれば、すり鉢とすりこぎで、その感触を
楽しみましょう。ごりごりごりっとする音は、美味しさの音でもあります。
味噌・酒・生姜・葱を混ぜ込みます。
時間がなくて大量の鰯なら、ミキサーもありですが、食感が全く違います。
(餃子を作る時に白菜やキャベツを包丁でみじん切りにした方が美味しいように・・・)

a0043445_22534969.jpg


そして、またまた定番の「鰯のかりっと揚げ」です。
今回は片栗粉のみ、二度上げした後に、黒コショウと荒塩をふりかけます。
とてもとても美味しいですよ。
[PR]
by totochoco | 2015-01-17 23:22 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)