<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おさかなの刺しゅう


今年(H28年)の2月に刺した
おさかなの刺しゅうです。
小鳥や魚の模様を、あれこれ考えながら刺すのは
おもしろい作業です。
a0043445_21274777.jpg
生地は麻の端切れをミシンでつなぎ合わせました。
刺繍糸は、COSMO・Anchor・水色はAFE麻糸を
使用しています。


[PR]
by totochoco | 2016-11-19 23:22 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

サンマの甘露煮

サンマの甘露煮はこの秋3回作りました。
頭と内臓を取り除いたサンマを5等分に切ります。
圧力鍋で15~20分煮て、圧が抜けてから更に煮詰めて出来上がりです。
調味料は酒・砂糖・みりん・醤油・酢・水・ショウガ。
煮汁が沸騰してからサンマを入れ、蓋をしめて圧がかかったら
15分~20分煮ます。

a0043445_22151517.jpg


↑は梅干しを入れて作りました。
庭のしょうがをたっぷりと千切りにして作りました。
梅干しを入れるときは、醤油を少し控えめにして良いと思います。
分量は毎度の事ながら目分量です。
なので、毎回微妙に味が違います。


a0043445_22154094.jpg

↑こちらは今日作り、酢を入れました。
ショウガは粉にした香り高いマイ・ショウガです。
圧力鍋の甘露煮は、調理時間も短く、骨まで柔らかく、食材を無駄なく
使えるところが気に入っています。
熱々ご飯にとても美味しいおかずになります。

[PR]
by totochoco | 2016-11-10 22:42 | 今日の献立 | Trackback | Comments(6)

しょうがの収穫

今年初めてキッチンガーデンにショウガを植えました。
夏の間ふさふさと葉が茂り、根ショウガをいくつかお味噌を添えて
食卓に、マイ・ショウガはなかなか好評でした。
食べるラー油にも100㌘贅沢に使いました。
・・・が、あの形を洗い皮を剥くのは時間がかかり大変でしたので、
残りは秋まで植えっぱなしにしておきました。

ところが、冬になる前に収穫をしないと、根が寒さで凍傷になると
お隣さんから聞いたので、慌てて掘りあげました。
たくさんのショウガを外の水道で泥を落とし、
更にタワシやハブラシで根の間の細かい土を落とし、
更に汚れた薄皮は少し剥がし・・・と
結構大変でした。

さて、そのショウガをどのように活用しましょうか。

a0043445_22313440.jpg
煮る・酢にする・刻んで冷凍するなどアドバイスを貰いましたが、
粉にすると便利と母から聞いたので作ってみました。
これも大変時間のかかる作業でした。

まずショウガを洗ってきれいにしたら、スライサーで薄くスライスします。
平らな竹ざるに並べて、天日で何日かかけて干します。
3つの竹ざるに、あんなにたくさんあったショウガが三分の一くらいに
ちりちりに縮んでしまった時はがっかりしました。

乾燥したショウガを、ミルサーで粉にして、
やっと出来上がりました。
とても良い香りです。





[PR]
by totochoco | 2016-11-05 23:15 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

小さい秋はどこに?


秋の刺繍です。
麻生地の上に道路を走らせ、黄色い銀杏の木を、
AFE変わり糸のループヤーンで作りました。
スパンコールとビーズできらきらを降らせました。
ビーズを通す針は折れそうなくらいとても細いので、
慎重に丁寧に扱わないといけません。
a0043445_22034546.jpg
暑い夏から一気に寒くなってしまいました。
さわやかな秋晴れはどこに?
この秋は種まきのタイミングを逃してしまい、
蒔いた時期がだいぶ遅くなってしまいました。
来春きちんと収穫できるか心配ですが、
まずは小さな可愛い芽が土の上に出てきましたので、
ほっとしています。


[PR]
by totochoco | 2016-11-05 22:30 | 手芸 | Trackback | Comments(2)