ホトトギス

ほととぎすの初音はすでに先週聴くことが出来、
この声とともに初夏へと移ろいゆく季節を感じます。
庭の草花達も、次々に花開き、あれよあれよという間に
種になってゆきます。

その脇では、アガパンサスが蕾を長く伸ばして、
6月に花開くのを待っています。

a0043445_229379.jpg


今年のバラは蕾がいくつも落ちてしまい、上手に咲かせる事が
出来ませんでした。肥料不足か、風雨が強かった後に潮を水で
流すことを怠ったからかもしれません。

叔母から貰った一株のバーベナボナリエンシスが
あちこちに増えて、紫色の可愛い小花を風に
そよがせています。

バラにおいては、「バイオゴールド」という最強の肥料を
京成バラ園から買い求めたので、来年に期待することにしましょう。
[PR]
# by totochoco | 2016-05-31 22:22 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(6)

さくら

ちょうど、今が満開の我が家の桜です。
枯れ草などを木の周りにいつも捨てるので、
桜の木の根元は堆肥たっぷりで、
太みみずがたくさん暮らしています。
桜の幹もとても太く、大きく大きく育ちました。

a0043445_21585032.jpg


はるばる異国の地からやってきた
つばめは、くるくると屋根の上を旋回して、
何度も私に挨拶をしてくれます。
庭の桜が満開になる頃に、芝桜もピンクのカーペットを
広げます。
眠っていた庭のあちこちから、エネルギーを感じる季節に
なりました。

a0043445_2221338.jpg

[PR]
# by totochoco | 2016-04-06 22:16 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(4)

リナリアとアネモネ

春がやってきて、リナリアやアネモネの花が咲きだしました。
こちらではすでにツバメの声も聞こえるようになりました。
鶯は2月末、3月にはキジバトの声、
田圃に水が張られる季節になると、ヵエルの歌声と共に、
ツバメの声も耳にこそばゆく聴こえます。

a0043445_22455647.jpg


東京ではお花見真っ盛りですが、
我が家の庭の桜はようやく今日の午後いくつかほころび始めました。
明日はもっと咲いてくれるでしょう、
これからの季節は朝が楽しみです。
[PR]
# by totochoco | 2016-03-31 22:54 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)

パセリの森

↓のキッチンガーデンのパセリがふさふさに育ちました。
ブロッコリーもガーデンレタスもシュンギクも
日々のお料理に大活躍しています。
牛糞・もみがら・油粕・腐葉土など有機肥料を
たっぷりと鋤きこんで、ふかふかの土で育っています。
根が健全に育てば、葉も元気に丈夫に育ち病害虫にも
強い体(野菜)に育ちます。

a0043445_21554848.jpg


こちらはこぼれた種で育ったパセリです。
黄緑色がとても綺麗なので写真に収めました。
葉もやわらかそうです。
パセリは他の野菜と比べても鉄分1位・カルシウム2位・カリウム2位・・・。
栄養豊富で、摘み取ると爽やかな香りがします。

a0043445_2156142.jpg


(みじん切りのパセリを使った我が家の料理)
・玉ねぎとトマトの簡単サラダ(オリーブオイル+酢+塩コショウ+パセリ)
・イワシやアジや白身魚のパセリパン粉ソテー
・庭のガーデンレタス+玉ねぎ+茹で卵+ツナマヨネーズ+パセリ
・ジャガイモ+ベーコン+玉ねぎ+レンコングリル(オリーブオイル+塩コショウ+パセリ)
・リゾット+パセリ
・炒めご飯各種+パセリ
・玉ねぎスープ+パセリ
・ジャーマンポテト+パセリ

使うパセリの量は少しですが、鮮やかな緑がお料理を
引き立てます。
[PR]
# by totochoco | 2016-03-31 22:44 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(5)

AFE糸

1月に東京国際キルトフェスティバルに行ってきました。
気の遠くなるような時間と手間をかけた作品の数々を
目に焼き付けてきました。

キルトマーケットに出店している、AFE(アートファイバーエンドー)の
お店の壁に掛っていた麻生地に刺しゅうされた小花達。
一目見て私も作ってみたくなりました。
幸い、以前購入していた変わり糸が家にあったので、
参考にしながら、いくつかのお花は自己流で、作ってみました。

a0043445_2221482.jpg


荷作り用の紐も、縒りをほどけば、お花の茎に
活用できます。
AFEの変わり糸は、眺めているだけで、
想像力を膨らませていろいろな形に変身
してくれる、とても楽しい糸なのです。
[PR]
# by totochoco | 2016-02-01 22:31 | 手芸 | Trackback | Comments(2)