かぼちゃの木登り

かぼちゃがユズの木の上まで登って
実を付けました。

a0043445_2223359.jpg


このかぼちゃの種は、春に空けたコンポストの堆肥の中から
発芽して育ったものです。コンポストの堆肥だけでは栄養が
足りないので、牛糞や鶏糞などの肥料も施しました。
かぼちゃはジャックと豆の木のように、にょきにょきと蔓が
どこまでもどこまでも伸びて行きます。

a0043445_22283976.jpg


こちらはレモンの実です。
可愛いレモンがいくつも生りました。
もちろん、実農薬なので、皮ごとお料理に使えます。
まだ子供、これから秋冬にかけて実が大きく
育つ予定です。
[PR]
# by totochoco | 2015-08-27 22:33 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(4)

鯵の酢なめろう

鯵のたたきや、なめろう、さんが焼きなど、夏になると
食べたく(作りたく)なります。
これは、なめろうを酢で〆たもので、房総半島では、
昔から各家庭で作られている伝統の料理です。
とろりんとした食感と、きりりとした酢〆で、
この暑さを乗り越えられそうな一品です。

a0043445_223821100.jpg


三枚におろした鯵を細かくたたいて、しょうが・ネギ・味噌を練りこみ、
更にたたいて包丁の背で均一に混ぜ込みます。
器に盛り、包丁で切りこみを入れてから、酢をたっぷりと注ぎます。
庭の紫蘇を添えましたが、細かく切って、鯵に一緒に混ぜ込んでも
良いでしょう。
[PR]
# by totochoco | 2015-08-03 22:48 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)

夏野菜

夏野菜が毎日収穫できるようになりました。
早朝、裏の小さな畑で採れる新鮮な野菜たち。
無農薬で肥料はコンポストの堆肥・油粕・牛糞・鶏糞とほんの少しの化成肥料。
少し小ぶりですが、収穫が楽しみです。

a0043445_21432957.jpg


トマトはミニトマトと中玉トマトが初心者でも安心して育てられます。
きゅうりは採り忘れると朝と昼ですでに大きく育ってしまうので、
小さめのうちに収穫してしまいます。

ナスとトマトで、ラタトゥイユを、
ナスとピーマンで鍋しぎを交互に作って夏を味わっています。
[PR]
# by totochoco | 2015-07-19 21:56 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)

ヘメロカリス

裏庭からレンガを運び、小さな小路を作りました。
・・といっても、ただ置いただけですが、その間に増えたクリーピングタイムを
株分けして植えこみました。
来年には緑のカーペットになっていると思います。

a0043445_22385965.jpg


5月のバラが終わりを告げて、今庭で咲いているのは、
ヘメロカリス・バーベナ、ボナリエンシス・アガパンサス・
アーティチョーク・クリナムなど。
ヘメロカリスは放りっぱなしでも、季節になるとこんなにたくさんの花を
見せてくれ、とても丈夫な宿根草です。

a0043445_22392382.jpg


山からはホトトギスの声が響き、庭ではウグイスが鳴き、
庭仕事をしながら自然の奏でる音色に聴き入っています。
カエルの声も耳に心地よく響きます。
[PR]
# by totochoco | 2015-06-28 23:00 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)

アンジェラ

5月のバラが中盤を迎えています。
スパニッシュビューティーは早くも散り、
今は15年目のアンジェラ・キング・ポンポネッラ・ホームアンドガーデン・ウーメロ・
レオナルドダビンチ・コーネリア・が咲いています。


昨年、京成バラ園で買い求めた、マリアテレジア・ハンスゲーネバインも
まだ花数は少ないのですが、淡いピンク色を見せてくれます。
ハンスゲーネバインは潮風にも強いと聞きました。

a0043445_2271837.jpg


これから咲くのは、ジャスミーナ・レッドキャスケード・ナエマ・フェリシア。
もう暫くの間、楽しませてくれそうです。

サカタで取り寄せたキャットミント・シックスヒルジャイアントですが、
従来のブルーキャットミントよりもかなり大きなサイズで育ち、
見ごたえも十分です。

我が家のバラは病害虫に強い種類を植えています。
消毒をしていないので、蕾が開かずにがっかりすることも多々
ありますが、それでも5月は待ちに待った季節です。
[PR]
# by totochoco | 2015-05-26 22:32 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)