思い出せない・・・

この前TVでジョニー・デップの映画「耳に残るは君の歌声」を見ていたら、
聞き覚えのある曲がいくつか流れました。
TVから流れる曲を「あっ、この曲知ってるけれど何だったっけ?」ということ
近頃よくあります。そう・・・曲名がすぐに頭に思い浮かばないのです。

草取りで体がギシギシ油切れかと思ったら、
脳もネジが錆びつつあるようです。

曲名が思い出せずに苦しんでいたら、側にいた
夫が一言、「真珠採りだよねコレ」。そうでした~ビゼーの真珠採り・・。
分かるとスッキリ・・・すぐそばに答えてくれる人がいるのは、
とても便利、でも頭を使って自分で思い出さなくてはいけないのよね。

a0043445_20312824.jpg


高校の音楽の授業では、たくさんのすばらしい曲の数々を
音楽鑑賞させてくださったK先生。音楽室いっぱいに広がった
音の洪水と共に、胸に響いたその感動と興奮は今でも
忘れません。その曲を追いかけてLP(当時は)を買っていました。
マリア・カラスや「サマータイム」やラヴェルの「ボレロ」を知ったのも、
その頃でした。ジョルジュ・ドンのボレロを映画の中で見たのはそれから○年後。
今も・・・ジョルジュ・ドンの名前が出てこなくって・・・モーリス・ベジャールと
二十世紀バレエ団はすぐわかったのに、ジュルジュ・ドンの
名前が出てくるまでに5分かかりました。(今度は夫より早かった~エヘン)

ああっ、それにつけても、すぐに何かを
思い出せない時ってなんだかスッキリしませんね。
[PR]
# by totochoco | 2005-10-21 20:50 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

ガギグゲゴ・・・

「 怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」新潮社 黒川伊保子/著
を読んだことありますか?ちょっと読んでみたいな、おもしろそう。
そういえば、ゴジラとか、ガメラとか、キングギドラとか、ピグモンとか・・・
男の子が好きな怪獣の名前には、ガギグゲゴがつきますね。
その「音」に何かあるのでしょうか?
[PR]
# by totochoco | 2005-10-20 22:52 | 映画など | Trackback | Comments(0)

オシロイバナのくちゅっ

こんなに涼しくなっても、オシロイバナの花は
夕方になると、いつのまにか咲いていて、
翌日にはいつのまにか、その花はしぼんでいるの。

a0043445_2311113.jpg


開いた花が閉じるとき、くちゅくちゅって感じで
花弁が内側から引っ張られているみたい。
梅干食べた口元に似ているかも?
[PR]
# by totochoco | 2005-10-19 23:17 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)

ハイクラウンのチョコ

チョコ続きで・・・ハイクラウンのチョコレートに
入っていたカードを久しぶりに眺めて、デジカメで
撮ってみました。集めていたのはもう30年くらい前?
今度は何のカードが入っているのかドキドキしながら、
箱の蓋を開けていた私です。
箱には100円って書いてありました。

a0043445_22152899.jpg


今ここでは、男の子たちの遊びで「遊戯王」カードバトルというのが、
流行っているのです。1パックに5枚くらい入っている
カードは150円、たま~に買ってあげると、家に帰るまで
待ちきれずに袋を破って、わくわくしながらカードを確認しています。
あの時の私の気持ちと同じかしら?
ぷるぷるっ、やっぱり「遊戯王」などと一緒にしないで欲しいワ。

ハイクラウンの箱を開けても、もうチョコの香りは時代とともに
消されてしまったけれど、中に集めたカードからは、
大好きな花の妖精たちが笑いかけてくれるのです。
忘れかけてた思い出の小箱をネットのお友達が
開けてくださいました。
[PR]
# by totochoco | 2005-10-18 22:37 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

チョコ

さっき板チョコをかじりながら、「チャーリーとチョコレート工場」を
回想していました。この秋、2回も観に行ってしまった映画、
とても摩訶不思議でおもしろい味付は
ジョニー・デップ&ティム・バートンのコンビならではです。

1年に1度のお誕生日にしか、チョコレートを食べることができない
チャーリー、夕食は限り無く水に近いキャベツスープ。
同じくらいの年齢の息子を持つ私は、考えさせられることばかり。

a0043445_2234331.jpg


そういえば、昔々(また昔)私が小学校低学年の頃(?)水野英子先生の「星のファンタジー」という漫画がありました。
その漫画の最初のお話では、トシコという名の主人公に弟がいて、
とても貧しい日々を送っているのです。
そして、お給料が入った時(?)に、やっとの思いで卵を買えるのです。
1年に1度のチョコで、このお話を思いだしてしまったの、ぐすん。

その漫画本には、「賢者のおくりもの」や「星の子」も載っています。
二つとも大好きなお話です。水野英子先生の作品では、もちろん
「星のたてごと」は壮大なロマンが溢れていました!
何度も何度も繰り返し読んだ漫画ですがいま一度、読んで見たいです。

「デザイナー」一条ゆかり先生が「りぼん」に掲載されていたのは
もうかれこれ30年も前なのに、この秋にドラマで放送されているのね。
あのお話はすごかったワ。

そして、秋が深まると「秋の旅」「11月のギムナジウム」
早春にはメリーベルの髪に絡まるジンチョウゲの花。
そして、「塔のある家」に咲いている3本の薔薇。赤いのはおしゃべりのフォーラ・
白いのはおしゃれのビビ・黄色のはおすましのデデ。
萩尾望都先生には当時ファンレターまで出してしまったの。
これらの漫画は全て読書家(本も漫画も)の姉の影響なのです。

それぞれの季節が巡ると懐かしい読みたいもの・聴きたい曲があります。
あー、でも暑い夏はそんな気になれません、やっぱり秋だから・・。
映画のお話から漫画のお話になってしまいましたので、
カテゴリも一緒にしてしまいました。
[PR]
# by totochoco | 2005-10-18 22:13 | 映画など | Trackback | Comments(7)