<< 文旦ピール 春を待つ >>

桜の季節

庭の桜が満開になりました。
これからの季節は早朝のウグイスの声で目覚めます。
朝早く5時頃から鳴き始めます。
ウグイスは遠い山から降りてきて、最近は庭の木々の間から
その美しい歌声を聴くことができます。
田圃に水も張られ、ツバメ達がやって来る暖かい季節になりました。
カエルの春を喜ぶ鳴き声も聞えます。
a0043445_21213406.jpg
シデコブシ(ヒメコブシ)はそろそろ白い花弁を落としはじめ、
レンギョウの黄色が目に鮮やかに写るようになりました。
昨年の台風の潮風の影響で、木の勢いがなく、
花数もぐっと少なくなりました。
a0043445_21441411.jpg
裏の小さな畑のコマツナは、花咲く前にさっと茹でて冷凍保存。
花菜やブロッコリーはわずかですが、さっと茹でていただきました。
どこからともなくやってきたあぶら虫が空豆の花芽で
爆発的に増える前に、ぷちぷちと潰しました。
あぶら虫に関しては、最初が肝心です。
今のうちに目を懲らして、早朝はあぶら虫退治です。

草取りをしていると、地面にびっしりと
青紫蘇の小さな芽が顔をだしているのに気がつきました。
季節の移ろいをあちこちで見つけることができ、
春は毎日が発見の日々です。



by totochoco | 2018-03-28 22:01 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://totochoco.exblog.jp/tb/238427467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 文旦ピール 春を待つ >>