<< サフラン 魔笛 >>

東山魁夷展

     2018年10月24日~12月3日まで、国立新美術館で
     生誕110周年記念・東山魁夷展が開催されています。
        東山魁夷の日本画は、昭和53年3月に「残照」「唐招提寺障壁画」を
      千葉県立美術館で鑑賞して以来、東京国立近代美術館・日本橋三越・
           市川市東山魁夷記念館など何度か足を運んできました。
      今回の展覧会は先月、平日に出かけられる機会があり、鑑賞してきました。

a0043445_21311959.jpg


     「道」青森県八戸市・種差河岸の道。
        この道の前に立つ度に、自分が正されるような気持ちになります。
        前を向いて、しっかりと生きようという気持ちになります。

a0043445_21313867.jpg

  「残照」千葉県君津市、鹿野山。


a0043445_21314938.jpg



  「冬華」白い木立が続く雪野原、白とグレーの静かな夢幻的な世界。


a0043445_2132294.jpg


   「白夜光」フィンランド・クオピオ
     北欧の旅で最後に訪れた森と湖の国、フィンランド。モミの森。


a0043445_21321283.jpg

 唐招提寺御影堂障壁画
   第一期の仕事・昭和50年「山雲」「濤声」
        第二期の仕事・昭和55年「揚州薫風」「桂林月宵」「黄山暁雲」
   昭和56年「瑞光」に奉納された。


a0043445_21323638.jpg


   「月篁」京都市右京区、嵯峨野。
      月の光を浴びた笹の葉が、さやさやと静かな音を立て、
    風に吹かれている竹林の風景。

a0043445_21325024.jpg

    「白い朝」千葉県市川市、自宅の庭。
        一羽のキジバトが、羽を膨らませ寒さに耐える
     姿に「何かを祈り、沈思しているよう」
      な感じを抱き心が通って制作したという。


a0043445_21325976.jpg


     「たにま」長野県野沢温泉村。


         (画像は図録より。図録の文章も参考にしました)


[PR]
by totochoco | 2018-11-05 22:38 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://totochoco.exblog.jp/tb/238843735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomo-studio at 2018-11-10 08:21
totoさん、こんにちは。
秋らしく、オペラと美術館に行ってらしたんですね。
オペラ。。。行ったことがないの
なんとなく敷居が高い気がしていて。
眠りそうとか。。。
大昔、お能を見に行って、情けないくらい眠ってしった。
そんなトラウマもあるのです(^^;
でも、totoさんの感想や解説をみていつか🎵
って思い出しました。

東山魁夷画伯の絵は長野善光寺横に美術館があり、
随分前ですがゆっくり見た覚えがあります。
森先生は奥様に個人レッスンをされていたこともあり、
そのご縁で「木立をすきる頃」に画伯が序文を書いてくださったようです。
なのでお目にかかったこともないのに
他の方より近親感をもっています。
そして、外国の風景作品などは森先生の作品とも
少し共通したところがあるように思います。
時間が作れたら、行ってみます❤️
Commented by totochoco at 2018-11-10 21:52
> tomo-さん
「魔笛」は20代の頃からバイエルン国立歌劇場管弦楽団のCDを、
家でも車の中でも聴いていて思い入れの強い曲なのです。
ワーグナーの「ニーベルングの指輪」も長いですけれど大好きです。

森先生は東山魁夷の奥様に個人レッスンなさっていたのですね。
東山魁夷の「ビブリオテカ」という画集が好きで良く眺めるのですが、
北欧のリトグラフが載っていて風景・小鳥・お花の描き方を
刺繡のデザインの参考にさせてもらいました。
森麗子さんの「木立を過ぎる時間」の最初のページに東山魁夷のあの小鳥のカット
があります。奥様のお言葉にある「生きる悦び」まさにその通りですね。
<< サフラン 魔笛 >>