人気ブログランキング |
<< 秘密の野菜畑 ルーベンス展 >>

きょん

秋の終わりから咲いている、
ドリフトローズ(京成バラ園)ですが、
咲いているのは低木の上の方の花だけです。
この花以外の出てきた新芽は全て、
きょんに食べられてしまいました。

1度木酢液を撒いたら、しばらく
きょんの足跡は遠ざかっていたのですが、
そんなに頻繁に撒くわけにもいかず、
気付いたら、新芽は全滅でした。
a0043445_22021234.jpg
悲しいことに、エンドウ豆も伸びたまっすぐの芽と、
次々に出てきた脇芽も食べられてしまいました。
ソラマメも半分以上食べられてしまったので、
慌てて竹を50本ほど切り、網をハサミで切って、
囲いを作りました。
素人の頼りない囲いですが、いくつかの
ソラマメは無事に保護できました。

夏にむけての野菜作りも、
昨年のようには簡単にいかないかもしれません。
きょんに知られてしまった小さな畑、
なんとか守っていければ・・・と思っています。


by totochoco | 2019-01-18 22:23 | 放任園芸家 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://totochoco.exblog.jp/tb/239067581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomo-studio at 2019-01-31 20:08
きょんって、なんでも食べるんですね!!
そら豆なんかの新芽も食べちゃうんですか。。。。
せっかく育ってきたのに、悲しくなりますね
動物から植物を守るのは大変
囲うしかなさそうですが、インターネットでは
それプラス嫌いな匂いとかで
唐辛子成分のペーパーみたいな物を吊り下げるとありました
これも慣れると、弱いかなぁ。。。。
でも、めげないでくださいね!
きょんが来ないこと、祈ってます。
Commented by totochoco at 2019-01-31 21:59
> tomoさん
唐辛子成分のペーパーですね、
良い事を聞きました。唐辛子は夏に収穫したものが
結構あるので、つり下げてみようかしら・・。
アドバイス、ありがとうございます!

いわしのパン粉焼きを作ろうと、イタリアンパセリを
取りに行ったら、なんと新芽が全て食べられてました。
硬い外側の葉っぱは残ってました。
そばにあった普通のパセリは無事でした。
<< 秘密の野菜畑 ルーベンス展 >>