カテゴリ:今日の献立( 91 )

ピール


従兄弟から送って貰ったみかんの皮を
取っておいて、ピールを作りました。
甘くてとても美味しいみかん
(オレンジ+みかん+文旦÷3みたいなお味)だったので、
出来上がったピールも苦みが
ほとんど無く、甘い仕上がりになりました。
雨の多い季節のため、
3日室内乾燥させても、なかなか乾かないので、
120度のガスオーブンに40分くらいに入れて
乾燥させました。
出来上がりにグラニュー糖をまぶしました。
a0043445_21362220.jpg

このみかんの中には、お隣さんから頂いた
甘夏の皮も混じっています。
ピール作りは、手間のかかる作業ですが、それもまた楽し。
一晩水につけて何度か水を変え、
3回茹でこぼしてから、分量の60~70%の砂糖で煮詰めます。
夜なべ作業です・・・が、
出来上がった時の幸福感が、また私を
ピール作りに駆り立てます。


[PR]
by totochoco | 2018-06-23 21:59 | 今日の献立 | Trackback | Comments(0)

文旦ピール

文旦の皮は捨ててしまうのが惜しいので、
文旦ピールを作りました。
ピールを夏みかんの皮で作った事は何度かありましたが、
文旦で作るのは初めてです。

ネットではいろいろな方が試行錯誤されており、
少しづつ参考にして私も作ってみました。
a0043445_21225444.jpg
砂糖の量は文旦の皮の8割。
まず、文旦の皮を洗い、皮を水につけて白い綿をこそげ落とします。
まる1日水につけて、その間水を替えること数回。
ざるにあげて皮の重さを量り、(氷)砂糖の量を計算する。
皮を細く切る。

新しい水で煮て、沸騰させ→水洗い→これを3~4回行う。
ひたひたの水+文旦+氷砂糖を火にかけ1時間ほど煮る。
水がほとんどなくなるまで、焦がさないように煮る。

冷めたらクッキングシートの上に広げて乾かす。
天日に干したり、部屋の中で乾かしたりと3日くらい乾かしました。
まだべたついていたので、途中、グラニュー糖を
まぶしました。
a0043445_21211334.jpg


ちょっと寸足らずですが、出来上がりました。
次に作るときは、細長く綺麗に切りましょう。
爽やかな香りと、ほんの少しのほろ苦さが
たまらない美味しさです。
白い綿を除くほど、苦みはなくなります。



[PR]
by totochoco | 2018-03-28 22:37 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)

パエリア

  パエリアを作りました。
夏に収穫したミニトマトと赤ピーマンとパセリが入っています。
それぞれの野菜は小分けにして冷凍しておいたものです。
サフランは入っていないので、全体に
きれいな黄色にはなりませんでした。
庭のサフランは肥料不足で花をつけなかったので、
今年は少し肥料を施して、パエリア用におしべを
取っておこうと思います。
a0043445_21525700.jpg
暮らしの手帖92(H30年2~3月号)に
「アサリとミニトマトのパエリア」が載っていました。
とても美味しそうだったので、
その分量を参考に、食材を更に追加して作って見ました。

(4人分材料)
アサリ(エビ・タラ)
米・・・1.5合
ミニトマト・・・15個
にんにく・・・1片
タマネギ・・・4分の1個
ピーマン・・・1個分
白ワイン・・・4分の1カップ
スープ・・・1カップ+4分の1カップ
塩・・・小さじ3分の1
オリーブオイル

                                      
お米は30分前に洗いざるに上げ水をよく切ります。
冬は外の縁台に置いておけば、全体の水が切れています。
1・パエリアパンにオリーブオイルでニンニク・タマネギ・ピーマンを炒める
2・米を加え米全体に油が回るように炒め、半分に切ったミニトマトも炒める
3・白ワインを加えアルコールを飛ばし、温めたスープ+塩を加え強火にする

4・アサリ・エビ・タラを乗せて、水分が減ったらアルミホイルで軽く蓋をする
5・弱火で10~15分炊き→火を止めて10分蒸らすと出来上がり


[PR]
by totochoco | 2018-01-27 22:32 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)

ふきのとう

先日コンンポストを空けて、
堆肥を3本のブロッコリーや、コマツナに施しました。
ブロッコリーは前年、鳥たちに葉も花も全部
食べられてしまったので、この冬は網をところどころに被せたら、
収穫はまだですが、すくすく大きな株に育っています。

今日は野菜達の周りに生えた草を
小さいうちに取りました。
空豆にアブラムシが何匹かいたので、手でプチプチ。
周りの土も空気を入れるためにシャベルで天地返し。
陽だまりでは、スズメノカタビラ・ハコベ・
カラスノエンドウ・ホトケノザがかなり育っていたので、
今のうちに・・と抜いてすっきりしました。
a0043445_15180522.jpg
昨年邪魔にして、ふきの葉を草刈り機で刈ってしまったのですが、
小さめの葉の間から、きちんとふきのとうが
顔をだしていました。ちょっと小ぶりです。
ふきはあちこち種が飛んで、増えてしまうので
刈ってしまうのですが、この季節に
ふきのとうを見つけると、喜びもひとしお、
早速天ぷらにしていただきました。
ほろ苦い、春のお味です。

今年は草刈り機で刈らないにしようと思います。

[PR]
by totochoco | 2018-01-21 15:38 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)

いちじく

先月、地元の野菜直売所で、
いちじくが甘露煮用としてお得に販売していました。
そこで、お店の方から作り方を聞いて、いちじくの甘露煮を作って見ました。


いちじくを皮ごと、そっと洗って、
赤ワイン+砂糖+水に落とし蓋をして20分くらい弱火で煮込みます。
冷めるまでそのまま置き、冷蔵庫で冷やしていただきます。

a0043445_22344563.jpg

イチジクは、クワ科イチジク属の落葉高木。
原産地はアラビア南部。
古代ローマでは「不老長寿の果物」・トルコでは「聖なる果実」とも呼ばれています。

日本へは中国経由で江戸時代に伝わったそうです。

a0043445_22345393.jpg

いちじくに豊富に含まれるペクチンには、血糖値の急激な上昇を抑え、
  コレステロール値の上昇を抑制する働きがあります。

カリウムには身体の中にある余分な塩分を排出し、高血圧に効果あり。
カルシウムや鉄分などのミネラルをバランスよく含んでいます。

口の中でぷちぷちとして、
甘くとろりんと美味しくいただきました。


[PR]
by totochoco | 2017-12-06 22:54 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)

かぼちゃのスープ

かぼちゃのスープを作りました。
冷凍保存しておいたかぼちゃを使います。
サラダ油+バターでみじん切りのタマネギをじっくりと炒め、
半解凍したかぼちゃと水とブイヨンを入れて、20~30分くらい
弱火でコトコト煮込みます。
牛乳をカップ1杯くらい入れて、
塩こしょうで味付けをして出来上がりです。
器に盛り、庭のパセリを散らします。
a0043445_21211510.jpg

家庭菜園で採れたかぼちゃは、
愛しさもひとしおです。
かぼちゃは、栄養価の高い緑黄色野菜です。
免疫力を高めるβカロテン・血液の流れを良くする
ビタミンEが豊富に含まれています。
ウイルスを撃退したり、がん予防に効果があります。
身体には欠かせないカリウム・カルシウムなどのミネラルも
多く含まれています。
カリウムは塩分を身体の外に出すため高血圧予防にもなります。
この季節は身体を内側から温めるぽかぽかスープが
とにかく美味しいのです。

かぼちゃは煮物にすれば、皮もしっかりと頂くのですが、
スープの時は、皮を除いてしまうので、もったいない気がします。
スープは冷凍するまでの作業が面倒ですが、
その美味しさのために、この冬分のストックをまとめて作りました。
タネにも体内の水分の代謝を良くする働きが
あるようですが、私は捨ててしまいます。

庭のコンポストに捨てたかぼちゃの種は、
翌年には発芽して、お盆のお供えに間に合うように実を
つける・・・という事がもう何年も何年も繰り返し続いています。


[PR]
by totochoco | 2017-11-30 22:10 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)

らっきょう漬け


らっきょうを洗い、塩を全体に振りかけてから
水洗いし、滅菌したガラス瓶にトウガラシと共に、
入れます。上かららっきょう酢を注いでそのまま2週間くらい
漬け込むと、美味しいらっきょう漬けの出来上がりです。
 
a0043445_21455361.jpg
らっきょうは、中国原産で平安時代に薬用として日本に伝わり、
江戸時代に野菜として栽培されるようになったそうです。

タマネギやニンニクに含まれるアリシンが多く、
血液サラサラ効果やガン予防・免疫力を向上させてくれます。
アリシンはビタミンB1の吸収を助けるので、
豚肉入りカレーに添えると効果的ですね。
ビタミンB1には疲労回復の働きがあるので、是非一緒に食べましょう。
カリウムによる血圧降下の役目もあります。
食物繊維はごぼうの4倍!
パントテン酸で、悪玉コレステロールを減少させます。
フルクタンが血糖値の上昇を抑え、糖尿病予防にも効果あります。

畑の薬と言われるように、体に良いことばかりの夏野菜です。
できれば熱を加えず生で食べた方が栄養が損なわれないようですが、
アリシンが胃の粘膜を刺激するので、食べ過ぎにご用心。
大きさにもよりますが、1日に3粒くらいが良いようです。




[PR]
by totochoco | 2017-07-01 22:26 | 今日の献立 | Trackback | Comments(0)

パセリ


花が咲き出す前にパセリを摘み取りました。
花が咲き出すと、あれよあれよと言う間に、
この濃い緑色が色あせてしまいます。
毎年、時期を逃してしまうので、
今年こそはと、たっぷり摘み取り洗って干して、
乾いたら茎を切り取り、葉を荒みじん切りにします。
a0043445_21534536.jpg

ビニール袋に小分けに入れて、
冷凍保存しておきます。
今までは庭から摘んでお料理に役立てていましたが、
次のパセリが育つまで、
冷凍した葉を少しずつ使っていきましょう。
パセリは栄養価が高く、いろいろなお料理に
重宝します。


[PR]
by totochoco | 2017-05-06 22:43 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)

サンマの甘露煮

サンマの甘露煮はこの秋3回作りました。
頭と内臓を取り除いたサンマを5等分に切ります。
圧力鍋で15~20分煮て、圧が抜けてから更に煮詰めて出来上がりです。
調味料は酒・砂糖・みりん・醤油・酢・水・ショウガ。
煮汁が沸騰してからサンマを入れ、蓋をしめて圧がかかったら
15分~20分煮ます。

a0043445_22151517.jpg


↑は梅干しを入れて作りました。
庭のしょうがをたっぷりと千切りにして作りました。
梅干しを入れるときは、醤油を少し控えめにして良いと思います。
分量は毎度の事ながら目分量です。
なので、毎回微妙に味が違います。


a0043445_22154094.jpg

↑こちらは今日作り、酢を入れました。
ショウガは粉にした香り高いマイ・ショウガです。
圧力鍋の甘露煮は、調理時間も短く、骨まで柔らかく、食材を無駄なく
使えるところが気に入っています。
熱々ご飯にとても美味しいおかずになります。

[PR]
by totochoco | 2016-11-10 22:42 | 今日の献立 | Trackback | Comments(6)

食べるラー油

a0043445_22000864.jpg
姉から教わった食べるラー油を、日曜日に作りました。
油で揚げる時間が長いので、暑い時期には作る気になりません
でしたが、先週は涼しく、一度作れば冷蔵庫でしばらく持つので重宝です。

何度か作るうちに覚えたコツがあります。
タマネギ・レンコン・ごぼうは、それぞれ別々に揚げること。
野菜を入れた直後は高温→次に低温でじっくり→最後に高温でからっと揚げます。
焦げる前に掬い上げないと、すぐに焦げ茶色になってしまうので注意すること。

今回のショウガ100グラムとにんにく2片は、今年初めて
キッチンガーデンで育てたマイ・ショウガ&にんにくです。

ショウガがたくさん育ったので、なんとか保存しようと思っています。
ショウガは葉が枯れる頃には収穫しないと、低温障害で根がだめになるとのこと。
母から教わった、薄切りにして干してから粉末にする方法は手間がかかりそうですが、
その方がいろいろなお料理に使えそうです。

[PR]
by totochoco | 2016-10-18 22:30 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)